とっても経済的な蒸しタオル美容法

 

蒸しタオル美容法は有名だと思います。

エステの時などにもやってくれますよね。
蒸しタオル美容法の効果は正しくおこなえばかなり効果を発揮します。

クレンジング前 メイクが浮き落ちやすくなる
洗顔前 毛穴を緩めて汚れを落としやすくなる
化粧水前 化粧水のなじみを良くする・メイクのりが良くなる
パック中 パック効果をアップさせる


こんなに効果があるのに方法はとっても簡単です。
ただ、方法を間違ってしまうと逆効果になってしまいます。
正しい方法をしっかりマスターしましょう。

 

 

 

用意するもの
・タオル(厚手のものが良い)
・ラップor耐熱皿
・電子レンジ

 

作り方

 

1、タオルを水に濡らし絞る
しっかり濡らしたら、軽く絞ります。
あまりきつく絞らないように注意して下さい。

 

2、タオルをクルクル巻く
タオルを端からクルクル巻きましょう。
たたむよりは巻いた方が全体に暖かくなります。
ただ、この後にラップで包む場合はたたむだけでもOKです。

 

3、ラップで包むor耐熱皿に置く
どちらでもOKです。
ただ、ラップで包む場合は空ける時にとても熱いので注意が必要です。

 

4、電子レンジで500Wで1分程度チンする
あまり長い時間やりすぎると危険なので、この時間はしっかり守りましょう。

 

5、取り出し1回タオルを開き顔の大きさにたたむ
取り出したてはタオルの中側がとても熱いので、1度開きすぐにたたみます。
そのまま使うと火傷をしてしまうので注意が必要です。
しかし、広げてすぐにたたまなくては冷めてしまうので気をつけましょう。

 

蒸しタオルは出来上がったら早めに使わないと冷めてしまうので、素早く行動しましょう。

 

 

 

使い方もとっても簡単です。

 

クレンジング前
メイクをしたまま蒸しタオルを1分程度顔に乗せます。
タオルを取ってそのままクレンジングをおこないます。
クリーム系のメイクの人におススメの方法です。
注意点
クレンジングの際は優しく擦るようにして下さい。
肌が温まり敏感になっています。
乗せすぎも肌に浸透してしまうことがあるので気をつけましょう。

 

洗顔前
洗顔前に5〜10分程度顔に乗せます。
タオルの上にもう1枚タオルを乗せたり、口と鼻以外のところにラップをかけると保温効果があります。
タオルを取り、しっかり泡立てた泡で洗顔する。
この時に水ですると引き締め効果もあります。
注意点
タオルが冷たくなる前に止めましょう。
意味がなくなってしまいます。

 

化粧水前
化粧水前に5〜10分顔に乗せます。
タオルの上にもう1枚タオルを乗せたり、口と鼻以外のところにラップをかけると保温効果があります。
この後に優しく化粧水をなじませます。
その後は美容液、乳液などでしっかりケアしましょう。
注意点
蒸しタオルの後は肌が乾燥しやすいのですぐにケアしましょう。
すぐにケアしなくてはせっかくの蒸しタオルも逆効果です。

 

パック中
お好みのパックをつけた上に蒸しタオルを乗せてパックと一緒に取ります。
パックの美容液の浸透が良くなります。
パックの後はいつも通りケアしましょう。
注意点
パック後はしっかりいつも通りのケアをしましょう。

 

 

 

こんなに優秀な蒸しタオルも注意点がいくつかあるので気をつけましょう。

 

・はじめは週1程度に
クレンジング前以外は毎日やるのは良くありません。
肌を甘やかしてしまいます。
どんなに多くても週2にしましょう。

 

・蒸しタオル後はお肌が敏感
蒸しタオル後のお肌はゆるんでいてとても敏感な状態です。
間違ってもそのまま放置したり、強く擦ったりしてはいけません。
優しくケアしてあげましょう。