櫛を変えるだけでサラツヤ髪

 

キレイな髪をキレイに入れるのにはとてもお金のかかることだと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、櫛を変えるだけでサラサラツヤツヤ髪になれます
櫛も高級なものではなく、100均で売っている櫛でOKです。
さらにこの櫛でブラッシング方法を試すとさらに効果アップです。
是非、お試しあれ〜♪

 

 

 

100均などのプラスチックの櫛を使っている人は多いのではないでしょうか。
安いしなくしたり折れたりしても気にならないからと使っている人が多くいます。
しかし、ここでプラスチック櫛からつげ櫛(木でできた櫛)にして見ましょう。
これも100均でも売っています。
櫛を変えるだけで本当に髪が変わるのかと思った皆さん!!
変わるのです!!

騙されたと思って1度使ってみてください。

 

なぜすつげ櫛が良いのか説明します。
プラスチック製の櫛だと静電気を髪に溜め込み、そのせいで髪が傷んだり絡んだり切れたりしてしまいます。
これだけ聞くとプラスチック製の櫛は髪にとっていいとこなしですね。
それに比べてつげ櫛は静電気をかなり押さえます
髪への負担をかなり減らすことが出来るので、痛みや切れ毛など様々なトラブルを回避できます
まさに優れもののつげ櫛です!!

 

さらにこの100均のつげ櫛をちょっと工夫することで高級な櫛のようになります。
まず高級な櫛の特徴として上げられるのが椿油などのオイルが染み込ませてあるということです。
なので、この100均の櫛にもオイルを染み込ませましょう
方法は時間は少々かかりますが、とっても簡単です。

 

 

 

用意するもの
・100均のつげ櫛
・オイル(あんず油・椿油・ベビーオイル・オリーブオイルなど好きなもの)
・ラップ
・紙やすり(またはネイル用のバッファー)
・クッキングペーパー
・歯ブラシ(使用後の開いたものでもOK)

 

方法
1、櫛にやすりをかける
櫛にはニスが塗られているものが多くあります。
しかし、ニスが塗られいるとオイルが染み込まないので丁寧にやすりをかけニスを削りましょう。
この時にネイル用のバッファーで削るとツヤのある櫛に仕上がります。

 

2、削りかすをキレイに取る
歯ブラシを使い削ったかすをきれいに取り除きましょう。
隙間に入ってしまい取りにくいものは楊枝などを使うととりやすいです。

 

3、ラップにオイルをたらす
ラップは櫛を包み込むため大きめに切って下さい。
そこに好きなオイルを数的たらしておきます。
おススメは椿油やあんず油です。
とても良い香りがします。
ラップからオイルがこぼれるのが心配な場合は下にキッチンペーパーなどをすいておくと安心です。

 

4、櫛をおきオイルをたらす
ラップにたらしたオイルの上に櫛を置き、さらに上からオイルをたらします。
こうすれば両面にしっかりオイルが染み込みます。
あまりオイルを付け過ぎないようにしましょう。

 

5、ラップに包み1週間放置
オイルをたらした櫛をラップで包み、そのまま約1週間放置しましょう。
そうするとだんだん色が濃くなってきます。

 

6、キッチンペーパーでふき取り乾燥させる
1週間放置した櫛をキッチンペーパーで軽く拭き、乾燥させます。
約丸1日放置すると良い具合に乾きます。

 

これで完成です!!
作り方はとっても簡単だったと思います。
ただ時間はかかりますが・・・。
しかし、このちょっとした工夫で髪はサラサラツヤツヤ髪です。

 

この櫛を長く使うにはお手入れも大切です。
汚れやホコリが付いたらこまめに歯ブラシ等で取り除いてあげましょう。
そして月に1度程度オイルをなじませてあげましょう。
1回なじませても使っていればオイルは減ります。
なので長く使うには、こまめなケアが大切です。
なじませている間に使う用の櫛も作っておくと良いでしょう。